プロフィール

新潟プロレス

Author:新潟プロレス
新潟プロレス公式ブログの管理人です。

公式サイト→http://www.n-p-w.jp/

カウンター

2016/11/23 新潟プロレス 5周年記念大会 試合結果

2016.11.23 Wed

2016/11/23(水祝)
新潟プロレス5周年記念大会
観衆847人 満員札止め
【試合結果】

第1試合 タッグマッチ
【新潟米喰い虫 害虫軍 vs″竜と誠″バスターズ 】
❌デブ害虫(害虫軍) 
マッチョ害虫(害虫軍)   
VS
前田誠(新潟プロレス)
⭕伊東竜二(大日本プロレス)
(12:41 ドラゴンスプラッシュ→片エビ固め)


害虫軍相手にも果敢に攻める前田


伊東の代名詞、ドラゴンスプラッシュが炸裂!




第2試合 6人タッグマッチ
【新潟県田上町出身 松山勘十郎プロデュース 大衆プロレス松山座 新潟凱旋公演『義風堂々』】

⭕松山勘十郎 (松山座)    
アミ-ゴ鈴木(フリー)  
ミス・モンゴル(世界プロレス協会)   
VS
松山団九郎(松山座)
CHANGO(フリー)
❌めぃりぃ(松山座)
(16:04 陣太鼓→エビ固め)


松山座座長、松山勘十郎新潟凱旋!


『眩暈坂』には会場からも大きな声援が飛んだ。


第3試合 スペシャルタッグマッチ
【PERFECT TWOMAN(パーフェクト トゥマン) vs PPAR(プロレス・ポリス&TARU)】

⭕富豪2夢路    
TAKAみちのく(KAIENTAIDOJO)    
VS
❌植木崇行(大日本プロレス)
TARU(VM)
(10:40 バックドロップホールド)


夢路・TAKA組が試合をコントロールし、TARU・植木組に流れを渡さない。


突如、拳銃を取り出した植木がリング上の選手・レフェリーだけでなくお客さんにまで銃口を向ける!


しかし、最後は自爆から夢路のバックドロップホールドで3カウント。


第4試合 シングルマッチ
【糸魚川出身 第2代王者 保坂秀樹保持 新潟無差別級ベルト次期挑戦者決定戦】

❌コシ☆ヒカ~ル(新潟プロレス) 
VS 
⭕舞牙(天龍プロジェクト)
(16:50 ジャックハマー→片エビ固め)


サントピアワールド大会でベルトを強奪した舞牙に対して、いつも以上に闘志むき出しのヒカ~ル



花道でもバチバチの攻防を繰り広げる


試合終盤、クロスチョップがレフェリーに誤爆。レフェリーが倒れている間に舞牙を押さえ込むが3カウントは叩かれず。




息を吹き返した舞牙がスライディングラリアット→ジャックハマーで3カウント。
次期新潟無差別級挑戦者に決定。


セミファイナル スペシャルタッグマッチ
【新潟大怪獣戦争勃発!四大怪獣決戦 シン・ナジラ?!】

⭕関本大介(大日本プロレス)   
リッキ-・フジ(KAIENTAIDOJO)   
VS
浜亮太(フリー)
❌ビッグ・THE・良寛(新潟プロレス)
(12:13 ジャーマンスープレックスホールド)


序盤からお互いの胸にチョップを打ち込んでいく



関本・リッキー組はどちらも浜を投げにいくが、そう簡単には上がらず。逆に浜が体を活かした攻撃で圧殺していく



リッキーのアシストを受けた関本がジャーマンスープレックスホールドで良寛から3カウント





メインイベント
【新潟プロレス旗揚げ5周年記念 特別シングルマッチ 越後の英雄VS世界の英雄 夢~究極】

❌シマ重野(新潟プロレス)
VS
⭕ウルティモ・ドラゴン
(14:42 ラ・マヒストラル)


重野は2ヵ月欠場からの復帰戦


対峙する青コーナーには、究極龍ウルティモ・ドラゴン


多彩な動きで足への集中攻撃を仕掛けていく


レールガンドライバーを繰り出すが、これはカウント2.9




最後はラ・マヒストラル3連発でがっちり押さえ込み3カウント



この後のマイクで、海外での試合中にヒザを負傷していた事を告白したウルティモ・ドラゴン。お互いに万全なコンディションでの再戦を約束した。



スポンサーサイト

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR