プロフィール

新潟プロレス

Author:新潟プロレス
新潟プロレス公式ブログの管理人です。

公式サイト→http://www.n-p-w.jp/

カウンター

2016/09/18 サントピアワールド大会 試合結果

2016.09.18 Sun

2016/09/18 (日)
新潟プロレス サントピアワールド大会試合結果


▼第1試合シングルマッチ

○那須晃太郎
(8分33秒 逆エビ固め)
前田誠❌



前田はデビュー4戦目。相手は新潟プロレス初参戦となる那須晃太郎。



那須の強烈な攻めに必死で食らいつく前田。




最後は蹴られ続けた腰を攻められ、ギブアップ。試合後には那須からリング上で激励の言葉も。



▼第2試合シングルマッチ

○山本SAN
(8分47秒 ムーンサルトフォール)
デブ害虫❌



自慢の(?)ボディを武器に、こちらも新潟プロレス初参戦となる山本を攻め立てる。



山本はデブ害虫のヒップをお返しとばかりに集中攻撃。その場飛びのムーンサルトプレスで3カウントを奪取!





▼第3試合シングルマッチ

○河上隆一
(9分15秒 ランニングエルボー→体固め)
ビッグ・THE・良寛❌




6月のアオーレ大会では欠場中だった河上隆一が万を持しての新潟プロレス初登場!
チョップを繰り出すとみるみる良寛の胸が赤黒くなっていった。




健闘した良寛だったが、一撃必殺のランニングエルボーを喰らうとそのまま3カウントを聞いた。




▼第4試合

○舞牙
TARU
(16分29秒 ジャックハマー→体固め)
保坂秀樹
コシ☆ヒカ~ル❌




主導権を握りたいヒカ~ル・保坂だったが、場外戦でTARU・舞牙がペースを掴む。




前日にチャンピオンとなった舞牙は、勢いそのままにヒカ~ルから3カウントを奪う。




※試合後、保坂の所持する新潟無差別級ベルトを強奪し退場する舞牙!


▼メインイベント【みのりやプレゼンツ】
GJPタッグベルト選手権試合


○富豪2夢路
シマ重野
(13分33秒 リッキーバルサン)
橋本大地
リッキーフジ❌
※2代目王者、夢路&重野組が初防衛に成功




重野と橋本の攻防では得意の蹴りだけでなく、ゴツゴツとしたエルボー合戦を繰り広げる!



旗揚げ当時から参戦しているリッキーに対しても容赦ない蹴りを打ち込む。



タッグチームとしても活躍する2人は互いの動きを知り尽くしており、夢路のダイビングヘッドバットもリッキーが間一髪で回避!



しかし最後は完成形となったリッキーバルサンで完璧に丸め込み、3カウント!
見事ベルトを防衛した。




勝利者賞としてみのりや様より新米コシヒカリが贈呈されました。

スポンサーサイト

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR